バイアグラでED治療をする場合

バイアグラの未来

心と体は一心同体楽しみの1つを奪われる苦しみバイアグラの未来

そのような問題が発生したことから、バイアグラを国内で薬品として発売する動きが高まったのです。
1999年には医薬品として扱われることになり、ED治療の病院へ行くと、処方されるようになりました。
バイアグラの働きは、酵素を抑えることにあります。
人間の体には酵素がありますが、酵素は勃起をするのを抑える働きがあるのです。
適量の酵素であれば、勃起をすることが出来ますが、多量の酵素が体内にあると、勃起をしたくてもできなくなってしまうのです。
そこで、薬を飲むことで、その酵素を抑えるようにしたのです。
ただし、過剰に酵素を取り除いてしまうと、勃起しっぱなしになり、街も歩けないことになりますので、そこまで酵素を取り除くことはせず、あくまで適量に取り除く物なのです。
よく誤解されるのは、バイアグラは興奮剤ではないかと言うことです。
媚薬などと同じように性的な興奮を促進する物と考えがちですが、興奮を抑制する働きはありませんので、勘違いは禁物です。